Accessibility

島田市立六合中学校WEBサイトです

HOME学校長あいさつ

学校長あいさつ

校長あいさつ

 

 本校のある六合地区は、島田市の東部に位置し、北部は丘陵と低い山地、南部は大井川平野が広がり、農業が盛んでしたが、JR六合駅の開業に伴い、市街地化が進んでいます。昭和47年に当時の自治省からコミュニティ活動の指定を受け、以来、公民館(ロクティ)を中心に地域住民が様々な地域活動を展開しています。従って、地域や家庭の学校に寄せる期待も大きく、中学生の健全育成に向ける関心が高いことはありがたいことです。

本校は、昭和22年に六合村立六合中学校として開校し、以来70余年の歴史と伝統を刻んできました。昭和47年に県から「社会福祉研究」の指定を受け、昭和49年から全校VS活動がスタートし、40数年の間、様々な福祉活動を通して生徒の心を育ててきています。生徒が登下校時に通るプロムナードには、「心ゆたかに」の碑があり、毎日目にすることから、目指す生徒像を六中生の誰もが意識するようになっています。

校舎は、様々な学習形態、教育方法に対応できる柔軟な施設として建設され、福祉教育、個に応じた学習指導、心の教育などの実践を行い、大きな成果を残してきました。平成28・29年度は、文部科学省より「道徳教育の抜本的改善・充実に係る支援事業」の指定を受け、道徳教育を充実させ、子供たちに今を生きる道徳性を身につけさせるための研修を深めています。

 本校生徒は大変素直で明るく、何事にも前向きで、規律正しい行動がとれ、落ち着いて学校生活を送っています。こうした生徒の良さをさらに伸ばし、変化の激しい時代を生き抜き、社会で活躍できる資質や能力を育てるため、学校教育目標を「ともに学び たくましく生きる」(協働 自律 貢献)とし、教育活動を行っています。

 授業に真剣に取り組み学力をつける、服装やマナーを守って、正直に生活する、人のために役立つ活動に自ら取り組む、良い友達関係をつくろうと自分から積極的に関わる生徒の育成に努めます。そして、どの子にも居場所があり、安全で安心して一日一日充実した学校生活が送れるよう職員一同取り組んでいきます。

校長    園田 豊

カテゴリー

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2019年4月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11